作業員

壊れたシャッターは修理して防犯対策をしよう

倉庫

家の防犯器具を直したい

防犯意識や防災対策のため自宅の駐車場や窓ガラスにシャッターを取り付ける人が増え、比例して修理を依頼する人も増加しています。修理を依頼するポイントは修理項目を明確にすること、複数の業者から見積をとって比較することです。

シャッター

業者を選択する

シャッターの開け閉めが思うようにいかなくなったら、専門業者に修理を依頼しましょう。無理に使っているとケガをしてしまうこともあり、危険です。複数の業者に見積もりを取り、費用の比較や評判の良さなどから選びます。

防煙機能を備えた製品も

倉庫

シャッター修理110番

シャッターの修理を低価格で依頼したい方必見ですよ!日本全国対応をしているので遠方に住んでいても気軽に利用できます。

定期検査報告の義務

防火地域や準防火地域に建てられている建物には、外部に繋がる開口部に防火設備を備えなければいけません。これは火災の延焼を防ぐためで、防火設備は防火戸の他、防火シャッターもあります。また、場所によっては防煙シャッターなどの遮煙性能を求められます。防火シャッターは、熱や煙を感知すると自動的に下りてくる仕組みになっていて、機械的に延焼を防ぐことが可能です。大規模な施設には、シャッターが下りた後に出口となるように一定区画ごと潜り戸の設置が必要です。そして防煙シャッターは、煙が漏れないように通気量を抑えた高い性能を持った作りとなっています。これらの防火設備は、建築物が完成したときに確認及び完了検査の手続きをして法律に沿っているかチェックされます。そして、さらに引き続き建築物の所有者や管理者は行政に対して毎年定期検査報告をしなければいけません。専門技術を持つ有資格者に調査と検査を依頼して、保守点検や整備、修理を行います。検査には不適切な改変を行っていないかなどのチェックも兼ねており、損傷や腐食などがあれば修理しなければいけません。有資格者とは1・2級建築士及び建築設備検査員のことで、初めて検査を依頼するときは建物の概要が分かる竣工図などが必要です。シャッター等に修理が必要な場合は、メーカーかシャッター修理業者に依頼します。もちろん始めからシャッターのメーカーに検査を依頼することも可能で、異常が見つかったときの修理依頼もスムーズです。

シャッター

防犯にも使えるよろい戸

防犯などを目的として設置するのが、シャッターです。ガレージにシャッターをすることで、愛車を守ることができます。また、シャッターは自動なものもあるので、わざわざ外へ出て開け閉めをする必要はありません。